能楽への誘い メニューへ
「江戸初期古能狂言之図」より 能『道成寺』 / 狂言『髭櫓』
「江戸初期古能狂言之図」より 能『道成寺』 「江戸初期古能狂言之図」より 狂言『髭櫓』

 わが国の伝統芸能である能と狂言は、14世紀・室町時代初期に成立したもので、両者は合せて「能楽」(のうがく)という名称で呼ばれています。

 能は、「幽玄」(ゆうげん)という言葉で表される優雅で柔和、典麗な美的情趣に彩られた象徴劇です。歴史や古典文学に取材して歌(うた)と舞(まい)を中心に構成され、主役である演者が優れた造形美を有する能面をかけて演じる点に特色があります。事件ではなく人間の運命を描くことを主題とし、簡素な舞台上で凝縮された様式性の高い演技が展開され、その劇世界は「井筒」のような夢幻能に典型的に表現されています。その舞台に接する時、他の舞台芸術とは異なる不思議な感動を覚えるはずです。

 狂言は「笑い」を基調とした対話劇です。能とは対照的に中世庶民社会の日常や民間説話を素材として、普遍的な人間像を写実的に描き出しています。典型的な登場人物である太郎冠者が繰り広げる洗練された骨太の芸は、和やかな楽しい笑いをもたらしてくれます。

 能と狂言は当初から同じ舞台で交互に演じられてきました。象徴的な理想美を追求する能とユーモアを写実的に表現する狂言は、人間性の本質を表現するにあたって、相互に補完的な役割を担って今日まで伝承されてきました。近年、能楽は、舞台芸術として国内外で高い評価を得ており、2001年にはユネスコの世界無形遺産(*)の一つに選ばれています。

*国際連合教育科学文化機関(UNESCO;ユネスコ)が世界の貴重な無形遺産を「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」として発表し、指定したもの。

「能楽への誘い」メニューに戻る
Copyright 2004 Japan Arts Council, All rights reserved.