能楽への誘い メニューへ
「御能狂言図巻」より 能『葵上』
「御能狂言図巻」より 能『葵上』

 能では衣裳のことを装束と呼びます。能装束は、能の精神性と内容を視覚的に表現するものとして、面に次いで重要な役割を果たしています。室町時代の武家を中心とした服飾が発展したもので、江戸時代に式楽となってから舞台衣裳として様式化し、役柄によって扮装も類型化しました。絹を主な素材とした張りのある重厚な仕立てと文様や色調など意匠の多様性に特徴があり、役柄の解釈や演技・演出と密接なかかわりを持っています。装束は面以外で役者が着装するもので、以下の種類があります。

○表着(上着)
<広袖>直衣、狩衣、法被、側次(そばつぎ)、長絹(ちょうけん)、舞衣(まいぎぬ)、水衣(みずごろも)、直垂、素襖など
<小袖>唐織(からおり)、厚板(あついた)など *これらは着付にも流用します。

○着付(内着)
摺箔(すりはく)、縫箔、熨斗目(のしめ)、白練(しろねり)、白綾(しろあや)など

○袴
大口(おおくち)、半切(はんぎり)、指貫(さしぬき)など

○仮髪(かつら)
鬘、尉髪(じょうがみ)、黒頭(くろがしら)、赤頭(あかがしら)、白頭(しろがしら)、黒垂(くろたれ)、白垂(しろたれ)など

○冠り物(かぶりもの)
角帽子(すんぼうし)、兜金(ときん)、烏帽子の類、冠の類など

○その他
襟、鬘帯、腰帯、腰蓑、白足袋など

唐織
長絹・厚板
縫箔・摺箔
袴
 
「能楽への誘い」メニューに戻る
Copyright 2004 Japan Arts Council, All rights reserved.