歴史

ルーツの伝来(源流)

能や狂言の源流は、奈良時代(8世紀)に中国からもたらされた芸能にあります。

散楽(さんがく)の伝来

散楽(さんがく)の伝来

散楽
『信西古楽図』
(東京藝術大学大学美術館所蔵)

奈良時代の日本は海外との交流が盛んで、とくに中国大陸からは、さまざまな芸能が伝来しました。なかでも、曲芸や幻術、歌舞や音楽、物まねなど、雑多な内容を持つ「散楽」という大衆的な芸能は、人々に親しまれます。それ以前から日本にあった芸能と混じり合い、滑稽な物まねや短い寸劇などが演じられることが増え、これが狂言の原型のようなものとなったようです。「散楽」という名も、滑稽という意味を持つ「猿楽(さるがく)」へと変わっていきました。

寺社との関わり

散楽が持っていた歌舞の側面は、平安時代(8~12世紀)の中期から鎌倉時代(12~14世紀)にかけ、寺社での宗教的行事の余興として受け継がれました。とくに寺院で行われた「延年(えんねん)」という芸能では、演劇的な演出や歌謡などによる台本のある芸が演じられ、のちの能に影響したと言われています。また、寺院において、悪を払って福を呼ぶ呪法的な芸能を、猿楽の集団が担うようになり、現在でも神聖な演目とされる『翁(おきな)』へと繋がっていったと考えられます。

田楽(でんがく)との交流

猿楽と田楽

猿楽と田楽
『職人尽歌合(七十一番職人歌合)』模本
(東京国立博物館所蔵)

同じ頃、舞を中心としながら、散楽のような曲芸も取り入れた「田楽」という芸能も、大いに隆盛していました。猿楽と田楽は、ともに「座(ざ)」という専門的な芸能集団によって演じられ、「猿楽能(さるがくのう)」「田楽能(でんがくのう)」と呼ばれる劇形式の芸能も演じていました。公家や武家からも大きな人気を集めていた田楽と競い合いながら、猿楽は発展していったのです。