歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
 
歌舞伎の作劇法
明治時代に外部の作者や文学者によって「新歌舞伎」が書かれるようになるまで、歌舞伎の作品は「狂言作者(きょうげんさくしゃ)」とよばれる専門の作者によって書かれてきました。ここでは、狂言作者による歌舞伎の作劇法のあらましを解説します。
続きを読む
 
著名な作者
一般にも名前が知られている近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)、4代目鶴屋南北(つるやなんぼく)、河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)の3人の作者について解説します。
続きを読む
 
演目の分類
歌舞伎の演目は、切り口によってさまざまな分類の仕方がありますが、ここでは代表的な2つの切り口による分類を紹介します。
続きを読む
 
代表的な演目
ここでは、たびたび上演される代表的な演目を「作品紹介」と「特徴的な表現」の2項目で解説しています。
続きを読む