歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
『番町皿屋敷』 ばんちょうさらやしき
作品紹介
1916年[大正5年]に初演された岡本綺堂(おかもときどう)作の「新歌舞伎」の代表作の1つです。
町奴との喧嘩に明け暮れる旗本の青山播磨(あおやまはりま)は、相思相愛の腰元のお菊(おきく)が家宝の皿を割ることで、自分の愛情を試したことを知ります。疑われたことを恥じた播磨は、お菊を切り殺して井戸に投げ捨てるというストーリーです。
歌舞伎には、元々『播州皿屋敷(ばんしゅうさらやしき)』という怪談劇があります。この作品には、青山鉄山(あおやまてっさん)がお菊という腰元を吊るし切りにして、井戸に投げ捨てるという場面があります。『番町皿屋敷』は、この作品の趣向を生かした上で、近代的な恋愛をテーマとして書き替えた点に特徴があります。
 
 
 
特徴的な表現
岡本綺堂作品のせりふ
「新歌舞伎」とは、明治時代の後期以降に歌舞伎の専門作者[狂言作者]ではなく、外部の文学者・作家によって書かれた作品をさします。岡本綺堂は、「新歌舞伎」の代表的な作者の1人で、詩情豊かに近代の恋愛などを描いたせりふに特徴があります。この特徴は、映像の青山播磨の長ぜりふにある「一生に一度の恋」という一節からもうかがうことができます。
 

近代的な恋愛を描いた綺堂作品の特徴的なせりふ 4代目中村梅玉の青山播磨 5代目中村松江(2代目中村魁春)のお菊 『番町皿屋敷』「番町青山家の場」 1994年[平成6年]7月