歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
『曽根崎心中』 そねざきしんじゅう
作品紹介
元々は人形浄瑠璃として上演された近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)作の「世話物」で、実際に起こった心中事件に取材して作られました。
 
天満屋(てんまや)の遊女お初(おはつ)となじみの徳兵衛(とくべえ)は、友人の九平次(くへいじ)に金を騙し取られるなどして、次第に追い詰められていきます。天満屋で心配しているお初のもとに徳兵衛がやって来たため、お初は他の客に見られないように縁の下に匿います。やがて心中を決意した2人は、曽根崎の森へと向かいます。
初演以来、歌舞伎ではほとんど上演されませんでしたが、1953年[昭和28年]に宇野信夫(うののぶお)の脚色・演出で復活上演され、以降は人気を得てたびたび上演されるようになりました。
お初に心中の決意を伝える徳兵衛 中村智太郎(5代目中村翫雀)の徳兵衛 中村浩太郎(3代目中村扇雀)のお初 2代目坂東吉弥の九平次 『曽根崎心中』「北新地天満屋の場」 1987年[昭和62年]4月
 
 
 
特徴的な表現
徳兵衛の心中の決意
「天満屋の場(てんまやのば)」で、縁側に腰掛けているお初は、九平次との会話の中でさりげなく縁の下に忍んでいる徳兵衛に心中の覚悟を問います。九平次がいるため縁の下から出られない徳兵衛は、お初の足先を自分ののどもとにつけることで、心中の意思を伝えます。これは復活上演時に評判となった演出で、作中の最大の見どころです。