歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
『春興鏡獅子』 しゅんきょうかがみじし
通称 『鏡獅子』 かがみじし
作品紹介
明治時代に9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)が、初演した長唄舞踊(ながうたぶよう)です。
小姓の弥生(やよい)が将軍の前で踊りを披露し、飾られた獅子頭を手にすると獅子の精が乗り移る、という内容です。前半は気品のある女方、後半は荒々しい獅子の精という対照的な役を1人で踊り分ける点に見どころがあります。
9代目團十郎の死後、上演が途絶えていましたが、6代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)が復活させて当り役として以降、現在でもたびたび上演されるようになりました。
 
前半の弥生 6代目尾上菊五郎 『春興鏡獅子』 1930年[昭和5年]11月 歌舞伎座 後半の獅子の精 6代目尾上菊五郎 『春興鏡獅子』 1940年[昭和15年]11月 歌舞伎座
 
 
 
特徴的な表現
獅子物 ししもの
歌舞伎の舞踊には、「獅子物」または「石橋物(しゃっきょうもの)」とよばれる作品群があります。中国の清涼山(せいりょうざん)を訪れた寂昭法師(じゃくしょうほうし)が、牡丹に戯れて舞う獅子を目にするという能の『石橋』に取材した作品群です。
後半に行なわれる勇壮な獅子の毛振りが、共通した見どころです。この毛振りは、頭ではなく「腰で振る」のがコツといわれ、美しく振るにはかなりの技術を要します。
 
 
 
・ 『石橋(しゃっきょう)』
・ 『英執着獅子(はなぶさしゅうじゃくのしし)』
・ 『連獅子(れんじし)』