歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
『桜姫東文章』 さくらひめあずまぶんしょう
作品紹介
4代目鶴屋南北(つるやなんぼく)の作で、長い間上演が途絶えていましたが、戦前に復活され、戦後に至りたびたび上演されるようになりました。南北が得意とした因果話(いんがばなし)や幽霊などの怪奇趣味が多く散りばめられ、見どころの多い作品です。
物語は、僧清玄(せいげん)と稚児(ちご)の白菊丸(しらぎくまる)による江の島での心中から始まります。
1人命を取り留め、17年後に高僧となった清玄は、出家を望んで寺にやってきた吉田家の息女桜姫(さくらひめ)が、実は白菊丸の生まれ変わりだと知ります。桜姫は、強盗に入った釣鐘権助(つりがねごんすけ)の子を生み、今でもその権助を忘れられない罪の深さを償おうと、出家を思い立ち寺を訪れたのでした。しかし桜姫は、偶然桜谷の草庵で恋しい権助と再会します。
この後、桜姫に白菊丸の面影を追う清玄と、密通がばれて吉田家を追われた桜姫が、めまぐるしく変転していきます。
 
 
 
特徴的な表現
濡れ場 ぬれば
歌舞伎におけるラブシーンは「濡れ場」とよばれ、多くの場合は音楽に合わせて様式的な動きで演じられます。「桜谷草庵の場(さくらだにそうあんのば)」での桜姫と権助の「濡れ場」は、「恋による花も思いのひとくもり」ではじまる「独吟(どくぎん)」に合わせて、大胆ですが踊りのような様式化された動きで表現されます。「独吟」は、1人で歌われる「下座音楽(げざおんがく)」の「唄」をさし、しんみりした場面を効果的に演出します。
 
> 歌舞伎の表現 音による表現 下座
権助と桜姫の濡れ場 9代目松本幸四郎の権助 4代目中村雀右衛門の桜姫 『桜姫東文章』「桜谷草庵の場」 1993年[平成5年]11月
舞台映像を見る
< RealPlayer : 4.7MB >
 
 
 
桜姫のせりふ
江戸時代の人々は身分によって、言葉使いがかなり異なっていました。大名家の娘であった桜姫ですが、「権助住居の場(ごんすけすみかのば)」では女郎に身を落とし、風鈴お姫(ふうりんおひめ)を名乗っています。この場面の桜姫は、女郎の粗雑な言葉遣いになっていますが、会話の節々に大名家の姫らしい公家(くげ)言葉が混ざります。こうしたちぐはぐな取り合わせの面白さは、洒落っ気を持った作者南北の独特の趣向です。
 
 
RealPlayer 動画をご覧いただくためには、RealPlayerが必要です。お持ちでない方は左のロゴをクリックしてダウンロードしてください。