歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
『寿曽我対面』 ことぶきそがのたいめん
通称 『曽我の対面』 そがのたいめん
作品紹介
鎌倉時代の曽我兄弟(そがきょうだい)による敵討ちに取材した作品で、通称『曽我の対面(そがのたいめん)』、または単に『対面(たいめん)』とよばれています。
父を工藤祐経(くどうすけつね)に討たれた曽我十郎(そがのじゅうろう)・五郎(ごろう)の兄弟は、正月に工藤の館を訪ねます。兄弟は、小林朝比奈(こばやしあさひな)の計らいによって、敵(かたき)の工藤と対面します。盃を受けた五郎は、「親の敵」と工藤に詰め寄りますが、兄の十郎は「粗相のないように」とたしなめます。工藤は、富士の裾野で行なわれる狩りの総奉行職を勤めた後で、兄弟に討たれることを約束し、年玉代わりに狩場の切手[通行手形]を渡します。
 
工藤[中央]に挑みかかる五郎[左端]とたしなめる十郎[左から2人目]
 
曽我兄弟が父の敵の工藤祐経を討った事件は、『曽我物語(そがものがたり)』という物語によって一般に流布し、庶民の支持を受けました。
江戸歌舞伎では、毎年正月に曽我兄弟の登場する作品を上演する慣習があり、兄弟が敵の工藤と対面する場面が必ず含まれていました。さまざまな趣向によって、繰り返し上演された「対面」の場面は、登場人物の役柄や扮装などが次第に様式化されていきました。現在の『寿曽我対面』は、1885年[明治18年]上演時の演出が元になっています。
また曽我兄弟の登場する作品は、総称して「曽我物」とよばれ、現在でもたびたび上演されています。
 
 
 
> 『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』
・ 『矢の根(やのね)』
・ 『外郎売(ういろううり)』
 
 
 
特徴的な表現
典型的な役柄
様式化されたこの作品の登場人物の多くは、典型的な役柄で演じられます。曽我五郎は「むきみ」とよばれる「隈取(くまどり)」をとった「荒事(あらごと)」、対照的に兄の十郎は柔らかい身のこなしやせりふ回しの「和事(わごと)」、「猿隈(さるぐま)」という「隈取」やユーモラスなせりふ回しの小林朝比奈は「道化方(どうけがた)」です。また工藤祐経は、一座のトップである「座頭(ざがしら)」、五郎の恋人大磯の虎(おおいそのとら)は、一座の女方のトップである「立女方(たておやま)」が演じる役とされています。
 
 
 
●錦絵をダウンロードしてポストカードとしてお使いください。
 
ポストカードダウンロード PDF形式:5.7MB
 
PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」が必要です。
左のアイコンからダウンロードしてください。
 
【ダウンロードの方法】
■Windowsの方
ダウンロードボタンを右クリックして、メニューの「対象をファイルに保存」を選び、ダウンロードしてください。
■Macintoshの方
ダウンロードボタンを「Control+クリック」して、「リンクをディスクにダウンロード」を選んでください。