歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
代表的な演目
ここでは、たびたび上演される代表的な演目を「作品紹介」と「特徴的な表現」の2項目で解説しています。下記の一覧の作品名をクリックすると該当する作品のページへと遷移します。
 
|  |  |  |  |  |  |  |  |
<50音順>
 
『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』
通称:『白浪五人男(しらなみごにんおとこ)』・『弁天小僧(べんてんこぞう)』
『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』
『色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)』
通称:『かさね』
『奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)』
『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』
『河庄(かわしょう)』
『勧進帳(かんじんちょう)』
『祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)』
『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』
通称:『娘道成寺(むすめどうじょうじ)』
『天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)』
『廓文章(くるわぶんしょう)』
通称:『吉田屋(よしだや)』
『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』
『恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい・こいのたよりやまとおうらい)』
『寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)』
通称:『曽我の対面(そがのたいめん)』
『鷺娘(さぎむすめ)』
『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)』
『花街模様薊色縫(さともようあざみのいろぬい)』
通称:『十六夜清心(いざよいせいしん)』
『三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)』
通称:『三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)』
『暫(しばらく)』
『春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)』
通称:『鏡獅子(かがみじし)』
『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)』
『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』
『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』
通称:『助六(すけろく)』
『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』
『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』
通称:『関の扉(せきのと)』
『梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)』
通称:『髪結新三(かみゆいしんざ)』
『東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)』
『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』
『鳴神(なるかみ)』
『番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)』
『藤娘(ふじむすめ)』
『平家女護島(へいけにょごのしま)』
通称:『俊寛(しゅんかん)』
『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』
『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』
『紅葉狩(もみじがり)』
『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』
『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』
通称:『切られ与三(きられよさ)』