歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の演目
著名な作者
ここでは、一般にも名前が知られている以下の3人の作者を取り上げます。
 
近松門左衛門 ちかまつもんざえもん [1653年〜1724年]
元禄時代に活躍した近松は、人形浄瑠璃の作者としてスタートしましたが、1695年[元禄8年]からの10年間、上方の名優初代坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう)のために『傾城仏の原(けいせいほとけのはら)』をはじめとする約30作の歌舞伎を書きました。近松のこの時期の活躍により、歌舞伎における作者の職業としての地位が確立されました。
 
藤十郎が衰え始めたこともあって人形浄瑠璃の作者に戻った近松は、多くの名作を残します。その中でも『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』・『心中天の網島(しんじゅうてんのあみじま)』・『女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)』・『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』・『平家女護島(へいけにょごのしま)』などの作品は、後の改作なども含めて歌舞伎にも取り入れられ、現在でも上演されています。
 
> 歌舞伎の歴史 和事の成立
近松門左衛門(『難波土産』より)
 
 
 
 
 
 
4代目鶴屋南北 つるやなんぼく [1755年〜1829年]
文化・文政年間[1804年〜1830年]を中心に活躍した作者です。20年余りの下積み時代が続いた後、1804年[文化元年]の『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』が大ヒットし、世に出ました。
 
以降25年間に渡り、作者の第一人者として活躍しました。亡霊などが活躍する奇抜な趣向や「生世話(きぜわ)」とよばれる当時の庶民生活をリアルに描いた作風が、特徴として挙げられます。現在でも『東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)』、『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)』、『時桔梗出世請状(ときもききょうしゅっせのうけじょう)』[一般的には『時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)』のタイトルで上演]などの作品が上演され、中でも『東海道四谷怪談』は代表作として有名です。
 
> 歌舞伎の歴史 鶴屋南北の時代
4代目鶴屋南北(『市村座三階ノ図』より)
 
 
 
 
 
 
河竹黙阿弥 かわたけもくあみ [1816年〜1893年]
幕末から明治時代を代表する作者です。幕末には4代目市川小團次(いちかわこだんじ)と組んで「白浪物(しらなみもの)」とよばれる泥棒が登場する作品を書き、明治以降には、9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)・5代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)を中心に作品を提供しました。
 
江戸の庶民生活をリアルに描きながらも、七五調のせりふや清元(きよもと)などを効果的に織り込んだ音楽的にも優れた作風に特徴があります。約50年間の作者生活の中で、舞踊劇も含めて350作品以上を残し、その作品群は、現在の歌舞伎のレパートリーにおいて大きな割合を占めています。代表作として、白浪物の『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』[通称『白浪五人男(しらなみごにんおとこ)』]、『三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)』、『天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)』、舞踊劇『土蜘(つちぐも)』などが挙げられます。
 
> 歌舞伎の歴史 河竹黙阿弥の活躍
2代目河竹新七[後の河竹黙阿弥] 4代目市川小團次(『俳優楽屋の姿見』より)