歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の表現
常磐津節 ときわずぶし
一般には、略して「常磐津」とよばれます。「浄瑠璃(じょうるり)」の一派で、宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)が創始した「豊後節(ぶんごぶし)」から発生しました。豊後掾は、江戸で大変な人気を得ましたが、作品には心中の道行物(みちゆきもの)が多く、風紀を乱すという理由から幕府に禁止されました。豊後掾が江戸を去った後、弟子の文字太夫(もじたゆう)が起こしたのが「常磐津節(ときわずぶし)」です。
 
舞台上で演奏する常磐津の太夫と三味線方
 
歌舞伎では、おもに舞踊の伴奏として舞台上で演奏される「出語り(でがたり)」を担当します。「太夫(たゆう)」とよばれる語りの担当と「三味線方(しゃみせんかた)」から構成されます。使用される三味線は、「中棹(ちゅうざお)」です。「清元(きよもと)」とは対照的に、ゆったりとして重厚な曲調に特徴があります。
 
 
 
・ 『忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)』
> 『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』