歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の表現
柝 き
一般的には拍子木(ひょうしぎ)とよばれており、四角く切り出された2本の木を打ち合わせることで音をだします。この拍子木自体とその音の両方を「柝」とよびます。俳優に時刻を知らせたり、演技などのきっかけを作ったり、効果音で利用されたりしますが、観客にとって最もなじみが深いのは、きっかけとして打たれる「柝」です。
 
芝居が始まるときには、「直し(なおし)」とよばれる柝をきっかけに幕が開かれますし、「幕切(まくぎれ)」では俳優の最後のせりふやしぐさの直前に「柝頭(きがしら)」とよばれる柝が打たれ、それを合図に幕が閉められます。特にこの「柝頭」は、舞台上の俳優の演技を見極め、タイミングよく打たなくてはなりません。
舞台上手(かみて)で打たれる「ツケ」とは異なり、客席からは見えない場所で打たれます。
幕切の直前に「チョン」と打たれる柝頭 3代目市川猿之助の相馬太郎 『四天王楓江戸粧』「紅葉ヶ茶屋の場」 1996年[平成8年]10月
動画を見る
< RealPlayer : 5.0MB >
 
 
RealPlayer 動画をご覧いただくためには、RealPlayerが必要です。お持ちでない方は左のロゴをクリックしてダウンロードしてください。