歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の表現
音による表現
下座 柝 ツケ 竹本
長唄 常磐津節 清元節 鳴物
 
歌舞伎における音の表現は、演奏される目的で分類した場合、次の3つに大別できます。
『戯場訓蒙図彙』より
 
下座 げざ
舞台下手(しもて)にある「黒御簾(くろみす)」の中で演奏される音楽で、「下座音楽(げざおんがく)」ともよばれます。演奏されている様子は、客席からは見えません。その場面で最もふさわしい音楽や擬音が演奏され、舞台の進行を助ける役目があります。
 
所作音楽 しょさおんがく
舞台上で演奏され、俳優の演技と直接関係する音楽です。具体的には、「義太夫狂言(ぎだゆうきょうげん)」の語りを担当する「竹本(たけもと)」、「所作事(しょさごと)」[舞踊]の地として演奏される「長唄(ながうた)」・「常磐津(ときわず)」・「清元(きよもと)」などが含まれます。
 
柝 き ・ ツケ
上記の2つに分類されない、特徴的な音の表現です。共に四角く切り出された2本の木片で、音を出しますが、使用される場面や目的は異なります。