歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の舞台
定式幕 じょうしきまく
歌舞伎を上演する劇場に常設されている引幕のことで、「定式(じょうしき)」とは「決まっている形式」という意味です。黒、萌葱(もえぎ)[濃い緑色]、柿色[茶]の3色の布を縫い合わせて作られていて、歌舞伎を象徴するデザインとなっています。写真は国立劇場の「定式幕」です。
中村座の元祖である猿若勘三郎(さるわかかんざぶろう)が、幕府の御用船の音頭取りを行った褒美に拝領した帆布の柄を引幕に使ったのが、「定式幕」の始まりともいわれています。
 
定式幕 定式幕