歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の舞台
黒御簾 くろみす
舞台の下手にある黒い板で囲まれた小さな部屋で、写真のように舞台側の格子窓に黒い御簾(みす)がかけられているため、この名前がつきました。「下座(げざ)」ともよばれます。
ここでは演技のタイミングに合わせて、舞台効果を高める「長唄(ながうた)」が歌われたり、効果音として太鼓・鼓などの楽器が演奏されたりします。またここで演奏される音楽自体を「黒御簾」とよぶ場合もあります。
 
外から見た黒御簾
 
楽器が並んでいる黒御簾の内部
黒御簾