歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の舞台
大臣柱・本舞台 だいじんばしら・ほんぶたい
舞台上手(かみて)の「床(ゆか)[「竹本(たけもと)」が語られる場所]」の左端にある柱[写真]、下手(しもて)の「黒御簾(くろみす)」の右端にある柱をさします。「床」や「黒御簾」を覆った板と同様に黒く塗られていますが、背景を描いた大道具によって覆われて見えない場合もあります。
また2本の大臣柱の間の舞台部分は、「本舞台」とよばれています。
 
破風屋根があった時代の舞台の様子(『浮絵歌舞伎芝居之図』) 大臣柱・本舞台
 
図のように江戸時代中期までの舞台は、能舞台の影響で破風(はふ)のついた屋根がありました。大臣柱はもともとこの屋根を支えていた舞台前方の柱でしたが、屋根がなくなった後も柱の名称は残りました。

上手の大臣柱