歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の舞台
揚幕 あげまく
舞台から見て「花道(はなみち)」の突き当たりにかかっている幕で、通常その劇場の紋が染め抜かれています。写真は国立劇場の揚幕です。
幕には金属の輪がつけられ、そこに鉄の棒を通して吊られているので、開閉時には「チャリン」という独特の音がします。この音の有無や開閉の早さなどは、出入りする役やその場面に応じて変えられます。
この他にも上手(かみて)の「竹本(たけもと)」が語る「床(ゆか)」の下にある幕を「上手揚幕(かみてあげまく)」、能や狂言を歌舞伎化した作品で使用される「松羽目(まつばめ)」の舞台装置において、下手(しもて)側にかかっている五色の幕のことも「揚幕」といいます。
 
揚幕 揚幕