歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の歴史
歌舞伎の近代化
明治時代の歌舞伎は、9代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)、5代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)を中心に推移していきますが、明治維新以降の世の中の急激な変化に伴い、それぞれ従来の歌舞伎にはない新たな活動を展開します。
 
『勧進帳』9代目市川團十郎[左]の弁慶 5代目尾上菊五郎[右]の富樫 1899年[明治32年]4月 歌舞伎座
 
明治維新の以前から團十郎は、従来の歌舞伎の表現上の虚構を改め、化粧や衣裳などの扮装やせりふ回しなどをなるべく事実に近い形で演じたいという希望を持っていました。また明治政府は、歌舞伎をより文化的地位の高い演劇に改良し、政府高官や外国の要人の鑑賞に堪えうる舞台芸術とすることを目指しました。このような政府と團十郎の思惑が一致した形で、明治初年から20年代にかけて「演劇改良運動(えんげきかいりょううんどう)」が起こります。その実践として團十郎は、それまでの荒唐無稽な作劇法ではなく、時代考証を重視して史実に忠実な「活歴物(かつれきもの)」とよばれる作品群を演じました。また團十郎に協力的だった興行師の12代目守田勘弥(もりたかんや)は、1878年[明治11年]に新富座(しんとみざ)を開場させ、ガス灯の使用などをはじめとする劇場の改革を推進しました。こうしたなか、1887年[明治20年]に天覧劇[天皇による観劇]が実現し、歌舞伎の地位は飛躍的に向上しました。

しかし團十郎の「活歴物」や改良に関する議論は、急進的であったこともあり観客の支持を得られず、明治20年代後半には終焉を迎えます。
一方の菊五郎は、「散切物(ざんぎりもの)」とよばれる一連の作品を上演しました。世の中の急激な変化を象徴する髷(まげ)を切った散切り頭(ざんぎりあたま)の人物が登場する作品群ですが、手法は江戸時代以来の「世話物(せわもの)」を出るものではありませんでした。
明治30年代に入ると團十郎と菊五郎は、江戸時代から上演されている作品の演出をより洗練させて演じるようになり、2人が共に亡くなる1903年[明治36年]まで後世の規範となる舞台をみせました。
 
 
 
前へ 次へ