歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の歴史
鶴屋南北の時代 〜5代目松本幸四郎と5代目岩井半四郎〜
文化・文政年間[1804年〜1830年]には、江戸を中心としてさまざまな町人文化が花開きます。歌舞伎では、4代目鶴屋南北(つるやなんぼく)という作者が活躍しました。南北の作品は、亡霊などが活躍する奇抜な趣向や当時の庶民生活のリアルな描写などに特徴があります。現在でも上演される『東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)』[以下、『四谷怪談』]は、このような特徴がよく表れた南北の代表作です。
 
南北作『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の5代目松本幸四郎[右]と3代目尾上菊五郎[左から2人目]
 
この時期には、後の歌舞伎に影響を与えた名優が多く登場しました。中でも5代目松本幸四郎(まつもとこうしろう)はこの時期を代表する存在で、敵役の中でも作品の中心となり悪に徹する役柄の「実悪(じつあく)」を得意としました。現在上演される『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』「床下の場(ゆかしたのば)」の仁木弾正(にっきだんじょう)役は、衣裳などに幸四郎の演出を受け継いでいます。
 
また5代目岩井半四郎(いわいはんしろう)は、愛嬌のある風貌で人気のあった女方で、南北作の『於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)』などで強請(ゆすり)や殺しなどの悪事を働く役を演じ、「悪婆(あくば)」とよばれる役柄を確立させました。
この2人に次ぐ存在としては、『四谷怪談』をはじめとする南北の怪談劇を多く演じた3代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)、同じく『四谷怪談』の民谷伊右衛門(たみやいえもん)役で新しい時代の「色悪(いろあく)」を確立した7代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)などが挙げられます。
南北作『隅田川花御所染(すみだがわはなのごしょぞめ)』の5代目岩井半四郎
 
 
 
 
 
 
前へ 次へ