歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の歴史
所作事の展開 〜初代中村富十郎と初代中村仲蔵〜
元禄時代に上演された演目の中には、女方による「所作事(しょさごと)」や「振事(ふりごと)」とよばれる舞踊が含まれていました。享保年間から宝暦年間[1716年〜1764年]頃には、「長唄(ながうた)」が、伴奏音楽として定着しはじめたことなどにより、女方の所作事は発展していきます。
 
その基礎を築いたのは、初代瀬川菊之丞(せがわきくのじょう)です。菊之丞は、能を素材とした「石橋物(しゃっきょうもの)」や「道成寺物(どうじょうじもの)」などの舞踊を得意としました。つづいて初代芳沢あやめの3男にあたる初代中村富十郎(なかむらとみじゅうろう)は、それまでの「道成寺物」を集大成させた『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』を初演しました。この舞踊は、現在でも女方舞踊の代表作としてたびたび上演されています。初代富十郎によって、女方の所作事は完成されたといわれています。
初代中村富十郎(『古今俳優似顔大全』より)
 
『積恋雪関扉』の関兵衛を演じる初代中村仲蔵(『古今俳優似顔大全』より) 天明年間から寛政年間[1781年〜1801年]に至ると、女方だけではなく立役も所作事を踊るようになります。これは当時の作劇法により、長い作品の一部に所作事の場面をつくる慣例が起こったことや、ストーリーを語りながらも音楽的な要素が強い常磐津(ときわず)や富本(とみもと)が誕生し、伴奏音楽として用いられたことなどによります。
当時の立役で、所作事に最も力を発揮したのは、初代中村仲蔵(なかむらなかぞう)です。仲蔵は現在でも上演されている『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』・『戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)』など舞踊劇の要素の強い作品を得意としました。
 
やがて文化・文政年間[1804年〜1830年]には、3代目中村歌右衛門(なかむらうたえもん)や3代目坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)などによって、1人で何役も踊りぬく「変化舞踊(へんげぶよう)」が流行し、所作事は新たな展開をみせます。
 
 
 
 
 
 
前へ 次へ