歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の歴史
和事の成立 〜初代坂田藤十郎〜
元禄年間[1688年〜1704年]前後の上方[京・大坂]では、後に「和事(わごと)」とよばれるようになる柔らかく優美な演技を得意とした、初代坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう)が活躍しました。藤十郎は、1678年[延宝6年]に上演されて大評判となった『夕霧名残の正月(ゆうぎりなごりのしょうがつ)』の伊左衛門(いざえもん)役をはじめとして、本来は身分が高いにもかかわらず、理由があって落ちぶれている「やつし」とよばれる設定の役を演じて人気を得ました。人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の作者として有名な近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)は、藤十郎のために『けいせい仏の原(けいせいほとけのはら)』をはじめとする多くの歌舞伎作品を書き、藤十郎の人気を支えました。
また同時期に活躍した女方の初代芳沢あやめ(よしざわあやめ)は、女方の心得や演技論をまとめた芸談『あやめ草』を残し、女方芸の確立に大きな役割を果たしました。
 
身をやつした役を演じる初代坂田藤十郎(東京都中央図書館加賀文庫所蔵『野郎関相撲』より)
 
 
 
前へ 次へ