歌舞伎への誘い 〜鑑賞の手引き〜
歌舞伎の歴史
歌舞伎の誕生 〜出雲の阿国〜
『当代記(とうだいき)』という史料の1603年[慶長8年]の項に「この頃、かぶき踊りというものが踊られた。出雲の巫女(みこ)を名乗る国という女性が、京に上り変わった風体の男の扮装をして踊った」という意味の記述が残っています。この国という女性は、歌舞伎の歴史を語る上では一般的に「出雲の阿国[お国]」とよばれてきました。
 
かぶき者の姿で茶屋遊びが演じられている様子(京都国立博物館所蔵『阿国歌舞伎図屏風』)
 
史料にある「変わった風体の男」とは、当時奇抜な服装をし、世間の秩序に反して行動する「かぶき者」とよばれた人々をさします。「かぶき」は「傾く(かぶく)」という動詞から派生した言葉です。
阿国の踊りは、図に描かれているようにかぶき者の扮装をまねた男姿で、茶屋で遊ぶ様子などを演じたため「かぶき踊り」とよばれ人々の人気を得ました。

歌舞伎の歴史は、この出雲の阿国の「かぶき踊り」から始まったとされています。
 
 
 
次へ