ユネスコ無形文化遺産 文楽への誘い An introduction to BUNRAKU

前のページにもどる

劇場への誘い

「太夫の声や三味線の音って、どう聴こえるの?」「人形の動きを、近くで見たいな」そう感じたら、実際の舞台を観てみませんか? 初めての人にも何度目かの人にも、もっと文楽を楽しんでもらうための鑑賞ガイドです。

どこ観るの?

大阪と東京にある国立の劇場で定期的に上演されるほか、
さまざまな企画公演もあります。

なに観るの?

さまざまな演目構成で公演が組まれますから、内容に応じて選ぶことができます。

どう観るの?

決まったルールはありませんが、もっと楽しめる観劇の仕方はあります。

だれ演じているの?

文楽の演者を技芸員と呼びます。長く厳しい修行を
重ねて、ようやく一人前と認められるのです。