ユネスコ無形文化遺産 文楽への誘い An introduction to BUNRAKU

前のページにもどる

歴史

物語を三味線とともに語って聞かせる「語り物」という芸能が、人形を操る芸能と結びついたのは、江戸時代の初め頃でした。その始まりから、発展し栄え、文楽と呼ばれるようになる、現代までの人形浄瑠璃の流れを追ってみましょう。