伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

ぶっ返り

【ぶっかえり】

【BUKKAERI】

 
本性を顕すときに行われるぶっ返り 『鬼一法眼三略巻』7代目尾上菊五郎の大蔵卿 1985年(昭和60年)11月国立劇場
 一瞬【いっしゅん】にして衣裳【いしょう】を替【か】える「引抜【ひきぬき】」の一種です。上半身の部分を仮に縫【ぬ】ってある糸を抜いて、ほどけた部分を腰【こし】から下に垂らして衣裳を替えます。「見顕し【みあらわし】」といって、隠【かく】していた本性を顕したときに使われる方法です。
 映像は『鬼一法眼三略巻【きいちほうげんさんりゃくのまき】』の一条大蔵卿【いちじょうおおくらきょう】です。大蔵卿は、長年「作り阿呆【つくりあほう】」によって本性を隠しているという設定であり、この場面で本性を顕したことを印象づけるために「ぶっ返り」が行われます。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 引抜

    【ひきぬき】 【HIKINUKI】

ページの先頭に戻る