伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

引抜

【ひきぬき】

【HIKINUKI】

 
引抜 『京鹿子娘道成寺』7代目中村芝翫の花子 1990年(平成2年)3月国立劇場
 舞台【ぶたい】上で瞬間的【しゅんかんてき】に衣裳【いしょう】を替【か】える演出をさします。上下に分かれた衣裳の両肩【かた】や袖【そで】などを丈夫【じょうぶ】な糸で留めておき、その糸を抜【ぬ】き取ると下に着ていた衣裳が現れ、早替りをすることが出来ます。糸を抜き取る後見【こうけん】は、演じる俳優の弟子がつとめることになっています。
 映像は『京鹿子娘道成寺【きょうがのこむすめどうじょうじ】』での引抜です。この他にも『鷺娘【さぎむすめ】』など、女方の活躍【かつやく】する舞踊【ぶよう】で多く見られます。手法には様々な種類があり、「ぶっ返り」もその一種です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 舞台

    【ぶたい】 【BUTAI】
  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 早替り

    【はやがわり】 【HAYAGAWARI】
  • 京鹿子娘道成寺

    【きょうがのこむすめどうじょうじ】 【KYOGANOKOMUSUMEDOJOJI】
  • 鷺娘

    【さぎむすめ】 【SAGIMUSUME】
  • ぶっ返り

    【ぶっかえり】 【BUKKAERI】
  • 女方

    【おんながた(おやま)】 【ONNAGATA】

ページの先頭に戻る