奈落

【ならく】

【NARAKU】

 
  • 舞台上から奈落を見下ろす
  • 奈落から舞台へ上がる様子
 舞台【ぶたい】や花道【はなみち】の地下のことを奈落といいます。大ゼリ【おおぜり】が下がってきたり、小ゼリ【こぜり】やスッポンを使う俳優が行き来する場所です。江戸時代の芝居小屋【しばいごや】では、廻り舞台【まわりぶたい】やセリなどを奈落から人力で動かしていました。

関連項目

ページの先頭に戻る