伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

助六

【すけろく】

【SUKEROKU】

 
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
 1713年(正徳【しょうとく】3年)に2代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】が初演したといわれています。もともと『助六』の元となった作品は、上方【かみがた】で和事【わごと】を使って演じられていました。2代目團十郎は、「團十郎といえば荒事【あらごと】」という当時のイメージを打ち破って『助六』を江戸で演じました。そのため主人公の助六の演技には、荒事の中にも和事のやわらかさを表現しています。2代目團十郎は演技を重ねる中で、助六は実は曽我五郎【そがのごろう】だった、という設定にするなど工夫を凝【こ】らしていきました。
 代々の團十郎も『助六』を数多く演じたため、江戸の庶民【しょみん】たちは『助六』のことを典型的な「江戸っ子」と思うようになったほどでした。

関連項目

ページの先頭に戻る