伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

菅原伝授手習鑑

【すがわらでんじゅてならいかがみ】

【SUGAWARADENJUTENARAIKAGAMI】

 
  • 「道明寺の場」の菅丞相 『菅原伝授手習鑑』3代目實川延若の覚寿 13代目片岡仁左衛門の菅丞相 5代目坂東玉三郎の苅屋姫 1981年(昭和56年)11月国立劇場(Y_E0100112000171)
 1746年(延享【えんきょう】3年)大坂竹本座【おおさかたけもとざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演されました。竹田出雲【たけだいずも】・三好松洛【みよししょうらく】・並木千柳【なみきせんりゅう】の合作です。大好評だったため、同じ年に京都で歌舞伎として演じられました。翌年には江戸の中村座【なかむらざ】で上演されました。『仮名手本忠臣蔵【かなでほんちゅうしんぐら】』や『義経千本桜【よしつねせんぼんざくら】』とともに義太夫狂言【ぎだゆうきょうげん】の代表的な名作です。 平安【へいあん】時代、菅原道真【すがわらのみちざね】が太宰府【だざいふ】に流された事件に伝説を織り交ぜて脚色【きゃくしょく】しています。菅原道真は作品の中では、菅丞相【かんしょうじょう】という役になっています。
 現在でも、「道明寺【どうみょうじ】」、「車引【くるまびき】」、「賀の祝【がのいわい】」、「寺子屋【てらこや】」などの各場がたびたび上演されます。「車引の場」は荒事【あらごと】の演出を取り入れ、歌舞伎らしさのあふれる場面となっています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る