伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

定式幕

【じょうしきまく】

【JOSHIKIMAKU】

 
  • 定式幕(2階席より)
 歌舞伎では「定式【じょうしき】」という言葉が使われます。いつも使うものという意味があります。定式幕とは、いつも使われている幕という意味で、写真のような三色の幕です。国立劇場【こくりつげきじょう】では、左から黒・萌葱【もえぎ】色(こい緑色)・柿【かき】色の三色を使っています。
 昔の定式幕は、江戸三座【えどさんざ】でそれぞれ違【ちが】いました。中村座【なかむらざ】は、白・柿色・黒の三色。市村座【いちむらざ】は、国立劇場と同じく黒・萌葱色・柿色。森(守)田座【もりたざ】は、順番が違う黒・柿色・萌葱色となっていました。現在、歌舞伎座【かぶきざ】をはじめとするほとんどの劇場が、この森(守)田座の定式幕と同じものを使っています。
 幕は、下手【しもて】から上手【かみて】に向かって徐々【じょじょ】に開きます。

関連項目

ページの先頭に戻る