伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

国性爺合戦

【こくせんやかっせん】

【KOKUSENYAKASSEN】

 
  • 「紅流し」の和藤内 『国性爺合戦』12代目市川團十郎の和藤内 1990年(平成2年)11月国立劇場(Y_E0100162000175)
 1715年(正徳【しょうとく】5年)大坂竹本座【おおさかたけもとざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演されました。近松門左衛門【ちかまつもんざえもん】作の時代物【じだいもの】です。大変な評判となり17ヶ月連続で上演されました。翌年に京都で歌舞伎に移され、その後江戸でもすぐに上演されました。
 主人公は和藤内【わとうない】という青年です。この役は、中国人の父と日本人の母をもつ実在の英雄【えいゆう】、鄭成功【ていせいこう】がモデルになっています。和藤内は両親とともに中国大陸に渡【わた】り、父の祖国である明【みん】を復興するために活躍【かつやく】します。
 2代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】によって、和藤内は荒事【あらごと】の役になりました。隈取【くまどり】や虎【とら】との格闘【かくとう】、「紅流し【べにながし】」の場面での飛び六方【とびろっぽう】など荒事の演出がふんだんに使われています。
 写真は「紅流し」の場面の和藤内です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る