伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

祇園祭礼信仰記

【ぎおんさいれいしんこうき】

【GIONSAIREISHINKOKI】

 
  • 『祇園祭礼信仰記』3代目中村鴈治郎(4代目坂田藤十郎)の此下東吉実は真柴久吉 中村信二郎(2代目中村錦之助)の鬼藤太 5代目中村富十郎の松永大膳 4代目中村雀右衛門の雪姫 1997年(平成9年)11月国立劇場(Y_E0100205000024)
 1757年(宝暦【ほうれき】7年)に大坂の豊竹座【とよたけざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演され、翌年歌舞伎に移されました。織田信長【おだのぶなが】や豊臣秀吉【とよとみひでよし】の活躍【かつやく】を脚色【きゃくしょく】した内容になっています。
 現在は四段目、通称【つうしょう】「金閣寺【きんかくじ】」とよばれる場面が上演されます。この場面に登場する雪姫【ゆきひめ】は「三姫」とよばれる姫の代表的な役の一つです。また松永大膳【まつながだいぜん】は天下を乗っ取ろうとする悪人で、敵役【かたきやく】の中でも特にスケールの大きな「国崩し【くにくずし】」とよばれる役の代表例として挙げられます。

関連項目

  • 人形浄瑠璃

    【にんぎょうじょうるり】 【NINGYOJORURI】
  • 雪姫

    【ゆきひめ】 【YUKIHIME】
  • 敵役

    【かたきやく】 【KATAKIYAKU】

ページの先頭に戻る