歌舞伎十八番

【かぶきじゅうはちばん】

【KABUKIJUHACHIBAN】

 
  • 守川周重筆
 歌舞伎十八番は、7代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】によって1832年(天保【てんぽう】3年)に定められました。初代から4代目までの團十郎が、初めて演じてしかも得意にしていた18の作品を集めたものです。
 その内容は、一番新しい作品でも当時から50年も前に上演されたものでした。そのため、先祖の團十郎が得意にしていたことはわかっていても、作品の中味がはっきりしないものも多く含【ふく】まれています。例えば、『関羽【かんう】』や『蛇柳【じゃやなぎ】』などです。これらの作品は、後に復活されていきます。
 代々の團十郎は荒事【あらごと】を最も得意としたため、歌舞伎十八番の役はほとんどが荒事です。明治時代以降、さまざまな俳優が家の芸を決めましたが、市川團十郎家の歌舞伎十八番は、その最初といえます。

関連項目

  • 荒事

    【あらごと】 【ARAGOTO】
  • 市川家(團十郎系)

    【いちかわけ(だんじゅうろうけい)】 【ICHIKAWAKE(DANJUROKEI)】
  • 関羽

    【かんう】 【KANU】
  • 蛇柳

    【じゃやなぎ】 【JAYANAGI】
  • 不破

    【ふわ】 【FUWA】
  • 鳴神

    【なるかみ】 【NARUKAMI】
  • 【しばらく】 【SHIBARAKU】
  • 不動

    【ふどう】 【FUDO】
  • 【うわなり】 【UWANARI】
  • 象引

    【ぞうひき】 【ZOHIKI】
  • 勧進帳

    【かんじんちょう】 【KANJINCHO】
  • 助六

    【すけろく】 【SUKEROKU】
  • 外郎売

    【ういろううり】 【UIROURI】
  • 押戻

    【おしもどし】 【OSHIMODOSHI】
  • 矢の根

    【やのね】 【YANONE】
  • 景清

    【かげきよ】 【KAGEKIYO】
  • 七つ面

    【ななつめん】 【NANATSUMEN】
  • 毛抜

    【けぬき】 【KENUKI】
  • 解脱

    【げだつ】 【GEDATSU】
  • 鎌髭

    【かまひげ】 【KAMAHIGE】

ページの先頭に戻る