伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

金丸座

【かねまるざ】

【KANEMARUZA】

 
  • 金丸座外観 四国こんぴら歌舞伎事務局提供
 香川県の琴平町【ことひらちょう】にある現存する最古の劇場です。1835年(天保【てんぽう】6年)に建てられました。正式名称は、旧金比羅大芝居【きゅうこんぴらおおしばい】といいます。映画館として利用されていた時代もありましたが、1970年(昭和45年)国の重要文化財の指定を受けて解体修理され、1976年(昭和51年)、江戸時代の姿に復元されました。1985年(昭和60年)以降、毎年歌舞伎が上演されるようになり、人々の注目を集め始めました。
 セリや廻り舞台【まわりぶたい】などの舞台機構は、江戸時代と同じく人力で動かされ、照明【しょうめい】には、自然の光も利用されています。また客席は椅子席【いすせき】ではなく、桟敷席【さじきせき】です。江戸時代の芝居小屋の雰囲気を体験できる劇場として人気が高く、例年春に行われる公演には多くの人々が訪れます。

関連項目

ページの先頭に戻る