伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

加賀見山旧錦絵

【かがみやまこきょうのにしきえ】

【KAGAMIYAMAKOKYONONISHIKIE】

 
  • 通称「草履打」の場面 『加賀見山旧錦絵』8代目坂東彦三郎の剣沢弾正 3代目中村扇雀の尾上 5代目中村翫雀(4代目中村鴈治郎)の岩藤 2004年(平成16年)3月国立劇場(Y_E0100239019001)
 原作は1782年(天明【てんめい】2年)江戸の薩摩座【さつまざ】で初演された人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】で、翌年歌舞伎に移されました。お家騒動物【おいえそうどうもの】の代表作の一つです。主家【しゅけ】を乗っ取ろうと企【たくら】む剣沢弾正【つるぎさわだんじょう】・岩藤【いわふじ】とそれを防ごうとする尾上【おのえ】・お初が活躍【かつやく】する女方【おんながた】中心の作品で、「加役【かやく】」で演じられる岩藤【いわふじ】が尾上を草履【ぞうり】で打つ通称「草履打」の場面は、この作品のクライマックスとして有名です。

関連項目

  • 人形浄瑠璃

    【にんぎょうじょうるり】 【NINGYOJORURI】
  • 加役

    【かやく】 【KAYAKU】
  • 尾上

    【おのえ】 【ONOE】
  • お家騒動物

    【おいえそうどうもの】 【OIESODOMONO】
  • 女方

    【おんながた(おやま)】 【ONNAGATA】

ページの先頭に戻る