伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

女歌舞伎

【おんなかぶき】

【ONNAKABUKI】

 
  • 財団法人大和文華館蔵 撮影 城野誠治
 遊女や女芸人の歌舞伎をいいます。1603年(慶長【けいちょう】8年)に出雲の阿国【いずものおくに】が、かぶき踊り【かぶきおどり】で評判を集めると、すぐに多くの女芸人がまねを始めました。京都の四条河原【しじょうがわら】や江戸の吉原【よしわら】では、舞台【ぶたい】が設置され演じられるようになったようです。
 舞台では男性の姿をした50~60人の遊女がさまざまな踊りをしました。阿国の歌舞伎との大きな違【ちが】いは、当時最新の楽器だった三味線【しゃみせん】が使われていたことです。1615年(元和【げんな】元年)から1629年(寛永【かんえい】6年)頃【ごろ】が最も盛んだったようです。しかし、風俗を乱すという理由で1629年(寛永6年)に禁止され、次第に姿を消していきました。

関連項目

ページの先頭に戻る