伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

小忌衣

【おみごろも】

【OMIGOROMO】

 
  • 小忌衣を着た源義経 『義経千本桜』7代目市川新之助(11代目市川海老蔵)の義経 2001年(平成13年)11月国立劇場(Y_E0100226059005)
 現実の社会では用いられない歌舞伎独特のデザインを持つ衣裳【いしょう】で、将軍など位の高い人物の部屋着として使用されます。豪華【ごうか】な刺繍【ししゅう】が施【ほどこ】された生地で裾【すそ】は引きずるほど長く、首の後ろで立つようになっている「ひだ」のついた襟【えり】が特徴【とくちょう】です。写真の『義経千本桜【よしつねせんぼんざくら】』の「河連法眼館の場【かわつらほうげんやかたのば】」の源義経【みなもとのよしつね】などが用います。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 義経千本桜

    【よしつねせんぼんざくら】 【YOSHITSUNESEMBONZAKURA】
  • 源義経(九郎義経)

    【みなもとのよしつね(くろうよしつね)】 【MINAMOTONOYOSHITSUNE(KUROYOSHITSUNE)】

ページの先頭に戻る