伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

於染久松色読販

【おそめひさまつうきなのよみうり】

【OSOMEHISAMATSUUKINANOYOMIURI】

 
  • 12代目片岡仁左衛門のお染 1939年(昭和14年)2月東京劇場 国立劇場所蔵(000754)
 4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】作の世話物【せわもの】で、1813年(文化【ぶんか】10年)森田座【もりたざ】で初演されました。
 油屋の娘【むすめ】お染と丁稚【でっち】の久松の恋【こい】を巡【めぐ】る作品です。初演でお染を演じた女方【おんながた】の5代目岩井半四郎【いわいはんしろう】は、恋人【こいびと】役の久松をはじめとする幅【はば】広い役柄【やくがら】の七役を早替り【はやがわり】によって、すべて一人で演じ評判をよびました。通称【つうしょう】を『お染の七役』といいます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る