伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

押戻

【おしもどし】

【OSHIMODOSHI】

 
  • 押戻 『隅田川続俤』9代目坂東三津五郎の大館左馬五郎 1989年(平成元年)12月国立劇場(Y_E0100157000211)
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つにあげられていますが、「押戻」は、作品名ではなく役や演出の名前です。錦絵【にしきえ】にあるように隈取【くまどり】をして荒事【あらごと】の姿をした人物が、簑【みの】を着て竹笠【たけがさ】と太い青竹を持ち、花道【はなみち】にいる怨霊【おんりょう】や妖怪【ようかい】を鎮【しず】めるために揚幕【あげまく】から出てきます。花道で怨霊・妖怪と向き合いにらみ合った後、ついに怨霊や妖怪を本舞台【ほんぶたい】に押し戻し、怒【いか】りを鎮めます。ここから「押戻」という役の名前がつきました。怨霊や妖怪を押し戻すことで、荒事の力強さを表現しています。
 現在上演されている演目【えんもく】では、『京鹿子娘道成寺【きょうがのこむすめどうじょうじ】』という所作事【しょさごと】の最後に登場することがあります。

関連項目

ページの先頭に戻る