伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

お七

【おしち】

【OSHICHI】

 
  • お七と恋人の吉三郎 『松竹梅雪曙』5代目坂東玉三郎のお七  5代目中村時蔵の吉三郎 1986年(昭和61年)1月国立劇場(Y_E0100135000127)
 『伊達娘恋緋鹿子【だてむすめこいのひがのこ】』などに登場する娘役で、1638年(天和【てんな】3年)に放火の罪で死罪になった実在の娘がモデルになっています。この事件は、多くの歌舞伎や人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品に取り上げられ、寺小姓【てらごしょう】吉三郎【きちさぶろう】への恋のために無分別に走る純情な町娘として描【えが】かれています。
 写真のような袖【そで】の長い振袖【ふりそで】と、「振り下げ」という後ろに長く垂れた帯は、歌舞伎に登場する町娘の典型的な姿といえます。

関連項目

  • 人形浄瑠璃

    【にんぎょうじょうるり】 【NINGYOJORURI】
  • 松竹梅雪曙

    【しょうちくばいゆきのあけぼの】 【SHOCHIKUBAIYUKINOAKEBONO】

ページの先頭に戻る