伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

燕手

【えんで】

【ENDE】

 
  • 燕手をつける5代目松本幸四郎 一雄斎国貞画
  • 燕手(『戯場訓蒙図彙』より)
 立役【たちやく】の鬘【かつら】の種類の一つです。月代【さかやき】という、江戸時代の男性が普通は剃【そ】っていた額の部分の毛を伸【の】ばし、燕【つばめ】の翼【つばさ】のように髷【まげ】の両側に張り出した形をしています。『伽羅先代萩【めいぼくせんだいはぎ】』の仁木弾正【にっきだんじょう】など時代物【じだいもの】の実悪【じつあく】や凄【すご】みのある役に使われます。

関連項目

  • 【かつら】 【KATSURA】
  • 仁木弾正

    【にっきだんじょう】 【NIKKIDANJO】
  • 時代物

    【じだいもの】 【JIDAIMONO】
  • 実悪

    【じつあく】 【JITSUAKU】
  • 伽羅先代萩

    【めいぼくせんだいはぎ】 【MEIBOKUSENDAIHAGI】

ページの先頭に戻る