伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

【うわなり】

【UWANARI】

 
  • 『嫐』2代目尾上松緑の甲賀三郎 5代目坂東玉三郎の春日 1986年(昭和61年)1月国立劇場(Y_E0100135000100)
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
 初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】とまだ幼少の2代目團十郎によって、初演されました。1699年(元禄【げんろく】12年)のことといわれています。この時の2代目團十郎は、怨霊【おんりょう】の取りついた呉竹【くれたけ】という娘【むすめ】の役で評判になりました。
 この作品は長い間上演されず、定まった脚本【きゃくほん】が伝わっていません。昭和になって2回ほど復活されました。最近では1986年(昭和61年)、国立劇場【こくりつげきじょう】で2代目尾上松緑【おのえしょうろく】が復活させています。

関連項目

ページの先頭に戻る