伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

打掛

【うちかけ】

【UCHIKAKE】

 
  • 赤姫の打掛(『歌舞伎の衣裳』婦人画報社より)
 歌舞伎では武家女房【ぶけにょうぼう】・姫【ひめ】・傾城【けいせい】などの役が着物の上に着る衣裳【いしょう】で、長い裾【すそ】が特徴【とくちょう】です。着物との組み合わせは、役柄【やくがら】によって決まってきます。典型的な姫【ひめ】の役では、赤い着物に写真のような赤い打掛を着るため「赤姫【あかひめ】」とよばれるようになりました。武家女房では一般的【いっぱんてき】に着物とは違【ちが】う色のものを着ます。
 『助六【すけろく】』の揚巻【あげまき】や『壇浦兜軍記【だんのうらかぶとぐんき】』の阿古屋【あこや】などが着る打掛には大変豪華【ごうか】な刺繍【ししゅう】が施【ほどこ】されています。

関連項目

  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 役柄

    【やくがら】 【YAKUGARA】
  • 助六

    【すけろく】 【SUKEROKU】
  • 揚巻

    【あげまき】 【AGEMAKI】
  • 壇浦兜軍記

    【だんのうらかぶとぐんき】 【DANNOURAKABUTOGUNKI】
  • 阿古屋

    【あこや】 【AKOYA】

ページの先頭に戻る