伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

歌川(安藤)広重[初代]

【うたがわ(あんどう)ひろしげ】

【UTAGAWA(ANDO)HIROSHIGE】

 
  • 『東都名所 猿若町芝居』 広重画
 歌川(安藤)広重[初代](1797~1858)。浮世絵師【うきよえし】。歌川豊広【うたがわとよひろ】の弟子になり、最初は美人画や役者絵を描【えが】いていました。
 1832年(天保【てんぽう】3年)に出した風景画のシリーズ『東海道五十三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】』が、高い人気を呼びました。以後、浮世絵風景画の第一人者となりました。その他にも『江戸名所百景【えどめいしょひゃっけい】』などの代表作があります。江戸時代の芝居小屋【しばいごや】の中を描いた『東都名所猿若町芝居【とうとめいしょさるわかまち(ちょう)しばい】』の錦絵【にしきえ】も、広重の作品です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 浮世絵

    【うきよえ】 【UKIYOE】
  • 猿若町

    【さるわかまち(ちょう)】 【SARUWAKAMACHI(CHO)】
  • 錦絵

    【にしきえ】 【NISHIKIE】

ページの先頭に戻る