伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

謡がかり

【うたいがかり】

【UTAIGAKARI】

 
謡がかり 『京鹿子娘道成寺』7代目中村芝翫の花子 1990年(平成2年)3月国立劇場
 長唄【ながうた】の中で、能【のう】の謡を取り入れた箇所【かしょ】をいいます。謡とは能の声楽部分で、セリフも含【ふく】めて歌われているパートを意味しています。また「かかり」とは、他の種類の曲風に似せることを指します。
 映像は、代表的な女方舞踊『京鹿子娘道成寺【きょうがのこむすめどうじょうじ】』です。長唄の「鐘【かね】の他には松ばかり」からの部分が、謡がかりです。この部分は、舞踊の所作【しょさ】にも能の足取りを取り入れています。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 長唄

    【ながうた】 【NAGAUTA】
  • 【のう】 【NOH】
  • 京鹿子娘道成寺

    【きょうがのこむすめどうじょうじ】 【KYOGANOKOMUSUMEDOJOJI】

ページの先頭に戻る