伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

浮世絵

【うきよえ】

【UKIYOE】

 
 江戸時代の庶民【しょみん】の風俗を描【えが】いた絵です。元禄【げんろく】時代の初めに確立されました。歌舞伎の俳優や遊女などを題材とし、黒や赤など一色の版画や肉筆画【にくひつが】で表現されていました。
 18世紀中頃【なかごろ】には、多色刷りの版画である「錦絵【にしきえ】」が始められました。鮮【あざ】やかな色使いで、細かく微妙【びみょう】な表現が可能となりました。これ以降、浮世絵のほとんどは錦絵となりました。

関連項目

  • 錦絵

    【にしきえ】 【NISHIKIE】

ページの先頭に戻る