伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

外郎売

【ういろううり】

【UIROURI】

 
  • 『外郎売』2代目尾上左近(4代目尾上松緑)の外郎売 1989年(昭和64年)1月国立劇場(Y_E0100152000015)
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
 1718年(享保【きょうほう】3年)、2代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】が初めて演じました。「外郎」とは、中国から渡【わた】ってきて小田原で売り出されたのどに効き、頭がすっきりして、口の動きがよくなる薬といわれています。その薬を売り歩く商人が、外郎売です。
 荒事【あらごと】の芸の一つに長いセリフをよどみなくしゃべる、というものがあります。2代目團十郎は、外郎売の宣伝のセリフをとても長い早口言葉にして、人気を得ました。
 1922年(大正11年)に独立した作品として復活されました。現在演じられているものは、1980年(昭和55年)に12代目團十郎が復活したものです。

関連項目

ページの先頭に戻る