伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

岩井半四郎[5代目]

【いわいはんしろう】

【IWAIHANSHIRO】

 
  • 豊国画
 岩井半四郎[5代目](1776~1847)。4代目岩井半四郎の子として、江戸に生まれました。1804年(文化【ぶんか】元年)に半四郎を襲名【しゅうめい】しました。父の芸風を受け継【つ】ぎ、4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】作の生世話物【きぜわもの】で「悪婆【あくば】」を演じました。また若衆【わかしゅ】役でも定評があり、荒事【あらごと】まで演じる幅【はば】の広い芸風でした。目が大きいことから「目千両【めせんりょう】」と称【しょう】されて親しまれ、1822年(文政【ぶんせい】5年)には長男の2代目粂三郎【くめさぶろう】(後の6代目半四郎)、次男の初代紫若【しじゃく】(後の7代目半四郎)と共に親子三人で同時に江戸三座【えどさんざ】それぞれの立女方【たておやま】となりました。後に「杜若【とじゃく】」と名乗りました。

関連項目

ページの先頭に戻る