伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

岩井家

【いわいけ】

【IWAIKE】

 
  • 8代目岩井半四郎  『仮名手本忠臣蔵』「七段目」のおかる 1878年(明治11年)11月新富座 国立劇場所蔵(07039)
 3代目岩井半四郎【いわいはんしろう】までは大坂の立役【たちやく】でしたが、4代目半四郎から女方【おんながた】の代表的な家柄【いえがら】となりました。
 4代目半四郎は、女方における生世話物【きぜわもの】の演技を確立したといわれています。5代目半四郎は、愛嬌【あいきょう】のある大きな目で有名な女方で、4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】の作品を数多く演じました。幕末から明治に活躍【かつやく】した8代目半四郎は、『三人吉三廓初買【さんにんきちさくるわのはつがい】』をはじめとする河竹黙阿弥【かわたけもくあみ】の作品を多く演じています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る